更新情報とお知らせ

お知らせ

イエシロアリ駆除

 今日の現場はイエシロアリの駆除工事です。13年前に当社が既設予防工事を施工したOB施主様です。
現場到着後、挨拶時にお施主様が「ここに土が落ちていておかしいと思った」とおっしゃられました。

蟻土と翅アリの死骸が落ちてますね。これは間違いなくイエシロアリの翅アリです。
 2階の小屋裏から施工開始です。養生終了後小屋裏に上ってみると、

一面に分厚い断熱材が敷設されてました。
野縁が見えないので移動するのが大変です。
おまけに今日の住宅は寄棟屋根なので軒先側の天井高が低く、大変施工し辛いです。
例えばこういう箇所、

体が入るスーペースが無いので手が届きません。しかし穿孔注入処理の重要ポイントでもあります。じゃどうするか?
実は秘密工具が有るんです。それがコレです。

俗にエクステンションロッドと呼ばれているヤツです。長年愛用しているので傷だらけですがまだまだ現役です。
コレを使えば、こんな箇所でも

こんな箇所でも、

楽勝に穿孔できるのです! 確か値段は二千円程度でしたので費用対効果バツグンです。
 2F小屋裏穿孔が終了後(被害無し)、今度は1F小屋裏に入ります。すると、

ぱっと見で分かる被害が有りました。アップで見てみると、

兵蟻がこちらを覗いています。臨戦態勢にすでに入っています。ヤル気まんまんですね。しかしお構いなく薬剤注入しました。

昼からは床下です。進入してみるとすぐに蟻道を発見しました。

こちらの住宅は防湿コンクリートの基礎ですがシロアリ被害には殆ど関係ないですね。

この位の隙間が有れば楽勝で進入して来ます。シロアリ予防は大事ですね。

翅アリも飛んでました。ヘッドライトに向かってバンバン飛んできます(笑)。
玄関框付近に被害が集中しています。

蟻道を崩してみると、

イエシロアリが元気に活動しています。しかし「君たちの命は今日までだ」と呟きながら私も薬剤を注入していきます。

 保証期間の5年が過ぎて8年も経てばこのぐらいの被害は当たり前のようにあるのだな、という事が私もよく分かりました。
やはり5年毎の再施工は重要です。
 3週間後に全体の予防工事の内容をお施主様に説明し、今日の施工は終了です。

竹澤

題“床下換気扇 その➁

 今日は床下換気扇の設置工事に行って来ました。以前ブログで紹介したSUPERケンコウファンとは別の床下換気扇を今回は設置したので紹介させて頂こうと思います。
今回設置したのは通風換気システム“スーパーD”です。

こちらです。存在感があります。これが実際どのように稼働するかというと、

※説明書より抜粋

このように吸気口が3方向、排気口が1方向本体に繋ぐことができます。吸気口は分岐させれば増やす事も可能です。
実際の現場での施工ですが、まずは床下進入する前に出来る事を先にしていきます。
具体的には本体アダプター、ベントキャップにダクトをはめ込みます。

これが結構きつい。いつも爪がヤラレます。そしてはめ込んだ後はアルミテープで固定します。

これも一見簡単そうで難しい作業です。蛇腹ダクトの凹凸面に密着させないとエアーが漏れる恐れが有ります。

これを吸気3方向分組み上げます。次に排気フードですが

こちらです。輝いていますね。これも組み上げておきます。

床下でダクトをはめ込んだり、テープを巻いたりするのは案外面倒くさく、時間も余計かかるので私はいつもこの方法をとっています。
そしてお次は排気パネルを換気口に取りつけます。今日取り付ける箇所は、


キッチン外面のこの換気口です。今回は外からはめ込みます。まずは邪魔な部分を斫ります。

余計な箇所を斫らない様に慎重にいきます。

斫り完了! 排気ダクトを床下に押し込みいよいよ床下に進入します。

床下で換気扇を運ぶときはこのように段ボールを下に敷いて運ぶと大変スムーズに運べます。有る物は使え、です(笑)。

ここです。排気ダクトを屋外側に下り勾配になるよう吊っておきます。
こうする事で強風時の雨水のダクト内侵入防止や床下浸水時のダクト内への雨水進入防止を図れます。
本体に水が侵入するのを少しでも遅らせようという目的ですね。

吸気口も吊り下げておきます。
本体設置が終了したら次は排気パネルを基礎に固定します。

タイマーを取りつけて工事完了!

やっぱり機器を設置する工事は楽しいですね。

竹澤

イエシロアリ駆除

今日はイエシロアリの駆除工事を施工してきました。
駆除工事と申しましてもイエシロアリの場合は一発完了という訳にはいきません。
今日は駆除の第一段階である誘引処理です。
じゃあ誘引処理とは何をするのか? 
ですが被害箇所を穿孔し駆除専用薬剤を注入する、コレだけです(笑)。
 現場に到着し挨拶ついでに被害状況を聞き出します。
築23年という事でお施主様もかなりショックを受けられています。
「安心して下さい、確実に駆除しますから」と宣言し、早速小屋裏から施工開始です。
ぱっと見は問題なさげですがよく見ると被害が進行しています。

綺麗に見えますが、よく見ると
シロアリの脱出跡が確認できます。

また、天井下地ボードをよく見ると

ハネアリの翅が落ちてたり、
ハネアリの死骸も確認できました。

またこの住宅は屋根断熱構造ですが、断熱材にも被害が進行していました。

アップで見ると

イエシロアリの兵蟻が確認できます。

また、イエシロアリの食害痕の特徴として木材の皮を残して中身を綺麗に食べる事が挙げられますが、例えばこの小屋束。

一見、何の問題も無いように見えますが、穿孔してみると、
皮を残して中身を上手に食べてます。

小屋裏処理が終了後、昼からは床下処理です。
と、ここで今日一番の驚きの光景を目の当たりにします。

こちらの住宅はベタ基礎なのですが何かが大量に落ちています。近寄って見ると、

イエシロアリの兵蟻が大量に死んでいました!

死骸はかなり乾燥している様子なので、死んだのは最近の事では無いような気がします。
お施主様に聞いて見ても今まで、シロアリ駆除工事は一切やっていないとの事です。
誘引処理の後にシロアリが大量に死んでいた事は今まで何度も有りますが、今回の様な現象は初めてです。
ま、理由が何にせよ今現在イエシロアリの活動があるのは間違いないのであまり気にせず誘引再開です。
床下も小屋裏同様に被害箇所にイエシロアリの活動が確認できました。


しかし、今日の住宅はベタ基礎の為、床下に蟻道は一本も上っていません。恐らく基礎と化粧モルタルの間を通って床下に進入していると推測されます。

恐らくこんな感じになっているのではと思われます。
床下に蟻道が無いのは事前に知らされていたので役に立つのでは?、という期待で今日はサーモカメラを用意してきました。

コレです。有る物は活用しないとね。

で、目星をつけた箇所をカメラで見てみると

いかにも怪しげに【末広がり】で温度差が確認できました。(中心部は化粧モルタル下の基礎セパレータ)今日の施工はここまでで終了。次回は誘引処理の確認作業です。

竹澤

コウモリ対策

今日は集合住宅のコウモリの糞被害対策として超音波発生装置の設置工事に行って来ました。
現場に到着し早速被害状況を確認します。すると、

結構な量の糞が落ちています。集中して落ちている場所としては、

ガス給湯器の下付近に集中して落ちています。給湯器の中を覗いて見ると、

コウモリがこの中で休憩したりガス管にぶら下がったりしているのだと思われます。物理的な対策も有効ですが今回は超音波機器を
設置する事となりました。それでは何処に機器を設置するのかというと、

ココです。拡大しますと、

所謂、チャンネル鋼です。規格は6.5mm×75mm×150mmだと思われます。コイツの側面に鉄工ドリルで穿孔しビスを固定します。
まずは墨出しです。

引っ掛け穴のピッチは100mmです。

墨出し完了!
そして本日のメインイベント、穿孔スタート!

ですが実はかなりビビッていました。まず、穿孔部の厚さは約10mm。薄くは有りません、いや十分厚いです。
まず鉄鋼への穿孔なので木部への穿孔とは違いドリルビットの中折れや、ビット先端の焼けの恐れが大変高いです。
そして何と用意したドリルビットの数は1本(笑)。 内心ビクビクしながらの穿孔です。
案の定、焼け対策の為に低速回転で穿孔スタートしたのですが貫通する気配が有りません。逆に力が入り過ぎてビットが折れる危険が高まる為、リスク覚悟で高速回転で穿孔開始です。

何とかビットの焼けや中折れする事無く無事貫通できました。そして次は固定用のビスを打ち込みます。

そして本体のベースカバーをこのビスに引っ掛けます。

そして機器本体をはめ込みます。

これで一応完了ですが念のため、穿孔箇所は鉄部が露出している為、サビ予防のためにシーリングしておきました。

これで設置完了! 残り3台の取り付けも無事終わり工事完了です。最初の1台目は穿孔に手こずりましたが2台目からは
コツがわかり汗をかかない程度にスムーズに設置する事ができました。コウモリ被害が減少する事を祈っておきます。

竹澤

イエシロアリのハネアリ

こんにちは。いつもブログをご覧になって頂きありがとうございます。

昨夜の出来事を有益な情報になればと思い発信させて頂きます。

昨夜、数か月ぶりに趣味に興じる事が出来ました。

室内競技の為、体育館をお借りして行うのですが

体育館を密閉するわけにはいかないのでドアは全て開放しています。

ですから光に集まる虫がたくさん入ってきました。

そんな中、4枚の羽を不器用そうに動かす茶色い虫が・・・・

そう・・・イエシロアリという種類のハネアリです。

※実際に写真を撮影していますので今から虫の写真を掲載します。

苦手な方はここでストップ!!

これがイエシロアリのハネアリです。

次の写真は羽を落とした個体になります。

赤い丸で囲ったものが羽を落とした個体です。

矢印の先にあるのが落ちた羽ですね!

私は見た瞬間にシロアリと認識する事ができます。

しかし、周りの人に(子供から大人までいたのですが)

この虫はなんだと思う?と質問してみましたところ

シロアリと答えられる方は一人もいませんでした。

これはマズイ!!と感じた私は早急にこの情報をお届けしたくキーボードを叩いています。

まずはイエシロアリのハネアリを知っていただく事が

大切なお住まいを守る第一歩と考え、掲載しております。

今後も、「一般的に知られていない大切な情報」などを発信していきますので

引き続きお付き合い下さい!

住宅ケンコウ社 新田

床下環境改善。 ~その②~

 今日は昨日に引き続き同じ施工現場で床下調湿工事を実施しました。
今回の調湿工事は床下全面に【①防湿フィルム敷設+②調湿剤敷設】という施工内容です。
まず①防湿フィルム敷設、ですが

・ビフォー

・アフター

この時点での床下温度、湿度ですが昨日のビフォー時点では【床下温度22.7℃、床下湿度90%】でした。
そして防湿フィルム敷設完了後すぐの計測で

このような結果となりました。床下湿度が【90%→81.2%】と下がりました。そしていよいよ調湿剤敷設です。
1人作業で52袋を床下で運ぶのは中々の重労働でした。しかし何とか2時間ちょっとで終了。

そして気になる【床下温度、湿度】ですが敷設完了後10分後の測定でこのような結果が出ました。

中々の結果ではないでしょうか? 元々の数値が高かったという事も有りますが調湿剤の効果が発揮されて
いるのではないでしょうか。お施主様にも数値の変化を確認して頂き2日にわたる工事完了です。

                                            竹澤

床下環境改善。 ~その①~

今日はヤマトシロアリの駆除工事に行って来ました。かなり過酷な床下環境でしたので少し紹介してみようと思います。

まずシロアリ被害。この写真では、ぱっと見異常無さそうに見受けられますが

よく見てみると木の表面に蟻土が確認できます。

いかにもなヤマトシロアリの被害ですね。そして今日の現場でとにかく強烈だったのが、

カマドウマ!

ゲジゲジ!

親子?

ナメクジと共演!

    ※【閲覧注意】

デカ過ぎ!

虫には慣れてるはずの私ですがそんな私でも今日の床下状況は強烈でした。、降参です。

そして床下の湿気も強烈でした。現場の屋外の温度、湿度は

湿度も低く、カラッと快晴です。が、床下は

  何と湿度90%です!。

~その②へ続く~

 

 

床下換気扇工事

今日は床下換気扇の新規設置工事に行って来ました。せっかくの機会ですので弊社の床下換気扇の取り付け方法を紹介してみようと思います。

設置する床下換気扇は

 

SUPERケンコウファンです。故障が少なく、私が一押しの素晴らしい商品です。そしてこれを何処に取り付けるかというと

 

床下換気口です。今回は内側に取りつけます。しかしこのままでは厄介なヤツが取り付け工事の邪魔をします。

 

モルタルセメントのバリがですね。このままでは換気扇のパネルが取りつけ出来ませんのでバリを取ります。

ひたすら優しく叩く! 

綺麗に取れました。

そして土台にピス止めの為の木材を固定します。

コンクリートにも穴をあけプラグを取りつけます。

ビス止めの準備が出来ましたのでいよいよ換気扇を取りつけます。

感電防止のアース棒を打ち込み、電源配線も差し込みます。

これで完成かと思いきや隙間が有りました。

ここですね。換気口の横幅によってはどうしても隙間ができます。しかしこのままでは換気効率が下がりますのでコーキングで塞ぎます。

 

見え隠れ部分なので見た目は気にせず塞がればOK! 取り付け完了です。

 

お次はタイマーの設置ですが今回は外部コンセントを利用し外壁面に設置します。

 

雨除けの防水ボックスの中にタイマーを取りつけします。外壁に設置する時はこのパターンが多いです。定番ですね。

そしてタイマーに配線を繋ぐ前に床下換気扇回路の漏電検査を実施します。

絶縁抵抗の数値が∞(無限大)という事で漏電検査合格です!

私達、周南営業所の床下換気扇工事は二種電気工事の有資格者3名が必ず施工するようにしています。我流でなく電気工事の基本ルールに沿った施工を実施していますので安心してご依頼ください。

                 竹澤

リフォーム工事中のシロアリ駆除

今日はリフォーム中の住宅のヤマトシロアリの駆除工事に行って来ました。

床下進入口の準備終了後、床下に潜ってみると早くも蟻道発見!

これぞ【ザ・ヤマトシロアリ】って感じの蟻道です。しかしこの蟻道をよく見てみると(矢印部分)、

もう既に今回のリフォームで組んだ新しい部材に侵入しています。シロアリは基本的に新しい木材を好んで食べますのでリフォームする時はシロアリ防除も必ず施工するべきだと思います。この蟻道を崩してみると居ました、

可愛いシロアリさんが。ヤマトシロアリの職蟻ですね。

床下施工終了後、外周を確認してみると外部から蟻道が上っていました。

 

約2mの間に合計5本。かなりの数です。床下だけの薬剤処理では完全な駆除は出来ない可能性が高いので蟻道が上っている付近は基礎沿いに土壌処理を実施しました。

これで安心です。シロアリの駆除工事には家の外周部の確認が欠かせない事を痛感した一日となりました。

竹澤

 

 

 

 

ヤマトシロアリ駆除

今日はヤマトシロアリの駆除工事をしてきました。

床下進入口の準備が終わり床下に入ってみるとかなりの数の蟻道が上ってます。

空中蟻道の残骸も有りました。

そして古い住宅の床下にはお約束のアイツを発見してしまいました。※閲覧注意!

写真で見るとキモさ倍増ですね。でも実はゴキブリなどを食べてくれる益虫なんです。毛嫌いしないで下さい。

そして今日の工事で一番びっくりしたのが我が周南営業所唯一の若手社員のK君。

この間を通り抜けて行きました。

間隔はなんと

16cm!

全社員ぶっちぎりのダントツです。私も含め他社員は頭がまず通りません。

本人いわく「頭は普通に通ったがお尻が少し引っ掛かった」との事でどんだけ小顔なんでしょうか。

 工事自体は3人施工という事も有り余裕を持って無事完了しました。

竹澤

 

1 / 41234